2022年5月23日月曜日

◆ベラフィーノ 調社長に感謝。



 連休前、30年もお世話になったベラフィーノの調社長の家族葬に。

調社長には、オルト、明治ヘウルスウエイ、また現在の㈱わだまんサイエンスと私の転職にもかかわらず、ご縁を頂き、一連の商品のリニューアルや、新商品を担当させて頂いた。

商品勉強会の講師として、ハワイ、バリと会員の方に同行させて頂いたのは、

今でも貴重な思いでになっている。



























 

2015年8月に深堀社長と横浜で。

調社長とは、食事の機会も数多く持たせて頂いたが、なぜかご自宅では、デザートのメロンにブランデーをかけて食べていたこと、それと、いつも反町のベラフィーノ社を訪問の帰りには、崎陽軒の月餅を買っていたこと、が思い出される。

家族葬の後、東横線の乗り換え口で、ふと目にした崎陽軒の月餅を久々に手にした。

以前より、少し小ぶりになったが、独特との胡麻風味の餡は、そのまま。

月餅の餡とベラフィーノ社、調社長は、私の中ではしっかりリンクされている。

亜矢子社長やベテランのスタッフの方の今後の健闘を祈ります。






2022年5月7日土曜日

◆姉貴自慢のすき焼きの割したレシピ―

 94歳になる母の誕生日に、姉貴と3人ですき焼きを。

さすが、この歳まで元気で生け花を教える母は、牛肉に目がない。

なにかというと、「すき焼きが食べたい」という要望で、今回も二人で買い出しを。

今回、姉貴は自慢の「割り下」持参で、久々に美味しいすき焼きに。




※姉貴自慢の割下レシピ―:
出し汁、醤油、みりん、各 200CC,に砂糖大匙5(約50g)

























●残りは、旦那様の夕食用に、お弁当にして。



2022年5月4日水曜日

◆あぶくま夢ファームは、超低温乾燥機がフル稼働?

 数年ぶりに福島、菅谷の「わくわくあぶくま夢ファーム」様へ。

ここで塩糀、米糀の乾燥をお願いしてから10年以上にもなります。

今回は新規素材の乾燥の相談でしたが、菊芋、柿の葉、よもぎ、等委託乾燥作物のアイテムも20種以上に増え、超低温乾燥機はフル稼働とのこと。

75Rの畑で毎年4トン程度のお米を栽培、近隣のお弁当製造企業へ納品されているとのこと。

東京では信じられないほど広い農地と敷地内の作業場、天然の保冷庫には、機能性素材の原料やヒントが沢山ありました。