2017年11月20日月曜日

◆エエコ人形のちょこれーと胡麻板胡麻

◆ボリビアに出張されたIさんが、お土産に願掛け人形のエケコを。
 これは、TVでも紹介され話題になった、アンデスの人たちが願いを叶え  
 てもらう人形。

欲しいものをエケコ人形に背負わせておくと願いが叶うとか・・。

→このサイトでは、使い方が紹介されています。  
  http://ekeko2.com/

私は新発売になった「リグナンリッチ黒胡麻」が使用された「ちょこれーと胡麻板」を彼に持たせて頂きました。

シリーズの胡麻板と同様に、ブレークしてくれますように・・・。

 

2017年11月18日土曜日

◆自然共生社のちょこれーと胡麻板発売!

◆待望のリグナンリッチ黒胡麻のチョコレートが発売されました!

 胡麻板のシリーズとして、最初のチョコレートです。

 胡麻セサミンがこれだけ摂れれば、お酒のおつまみにも、奨められそうです。

 チョコレートと胡麻はどちらも個性が強いのに、どちらも出しゃばらず、胡麻はしっかり香り豊かです。

2017年11月17日金曜日

ミガキイチゴと胡麻菓子

◆テーブルフォトのセミナーで苺の宝石「ミガキイチゴ」のプロモーション活動をされている方が商品を撮影されていました。

ご相伴にあずかり、ミガキイチゴで作られたワイン「カネット」を撮影させて頂きました。

ちょうど、三越で購入した胡麻の御菓子「菊の露本舗 喜多林堂の金の割板」も一緒に。
(この胡麻菓子は、同じ階の女性が大ファンで、以前から食べてみたかったもの)

すご~く薄く、香りがよく、あっという間に1袋食べられそう。



2017年11月5日日曜日

60回弦楽器フェア

◆義兄の仕事「ヴァイオリン製作」のお陰で、今年も弦楽器フェアへ。

 食品関係の展示会にしか縁のない私でも、ブースのポスターを観るのが楽しみでほぼ毎年足を運ぶ。


ヴァイオリン、ビオラは、それ自体被写体効果抜群で絵になる。
それに加えて特に海外のブースのポスター、装飾デザインはいつも見入ってしまう。







2017年9月17日日曜日

◆胡麻を生ける翆玲先生

◆先週中川村から持ち帰った数本の胡麻枝は、内田翆玲先生に、
 生けてもらいました。


 ・まだ、乾燥前なので、種子が飛び散らないように、
 スプレーのりで固めました。
 
これを乾燥して、茶色になったものも、ボクと一緒に
 使用できれば・・。


・これは生けて頂いた料亭の入口のお花。
御所車に生けられた大作にはいつも目を見張ります。



2017年9月9日土曜日

◆中川村、柳生氏の国産胡麻刈り取り、リグナンリッチ胡麻若葉

・今年、リグナンリッチ黒胡麻使用「胡麻若葉」のテスト栽培を
して頂いている、中川村の柳生氏の畑で国産胡麻の刈り取りを体験させて頂きました。
 ・約5アールの畑で約40から50㎏程度の胡麻の収穫が目標とか。
今年は、長雨の割には、収穫量は期待できそうとのこと。

 
 ・手鎌が使えるかな~と心配でしたが、
柳生さんに指導を頂き、黙々と刈り取りを。


・1枝に20程度の蒴果が付くことが理想とか、良い枝ぶりのものを数本、
 東京に持ち帰らせて頂きました。
(乾燥したら、生け花の花材にできるのでは?と思っています。)
 ・蒴果には、通常4つの部屋があり(2心皮4室の場合)1室には10から20粒の種が入っています。1つの蒴果で約40~80粒の種子があることを想定すると、1本で多くても約800粒~1600粒、 1粒3㎎として1本で胡麻種子2.4gから4.8gしか採れない計算になります。

・この日は奥様と3人で5アールの畑の胡麻の半分程度、トラック2台分の刈り取りを。
 ・少し離れた畑で、リグナン胡麻若葉をテスト栽培をして頂いていましたが、播種約3カ月の リグナン胡麻若葉を観させてもらいました。
(この畑で、6月、6月中旬、下旬と、3回播種を頂きました。)

 どうか、花がついて種子が実ることを祈っています!
 国産のリグナンリッチ黒胡麻第1号です。


 ・柳生さまの自宅の裏で、このように20日ほど天日干しをするそうです。
屋根もあり、雨が降っても大丈夫なスペースです。

.観光シーズンには、民泊にも提供されているご自宅の部屋から、一望できる南アルプスは、まさに「おもてなし」にぴったりの美里の風景。
海外の方には喜ばれる商品です。

.

・私は、やっぱりお茶受けに頂いた奥さまの「粕漬け」に感激です。
 こんな出しゃばらない味の粕漬けなら、サラダにいれたいな~と。

・手土産の七福神手ぬぐいも早速、玄関に飾って頂き恐縮です。
 


.柳生氏の黒豆も既に販売されています。




2017年9月3日日曜日

◆錦糸町名物、「白樺」さんの「錦どら」

わだまんサイエンスの面談室にも使用している錦糸町DP(ダイヤモンドパレス)の理事長より、和菓子司「白樺」さんの最中を頂きました。




・この最中に魅かれて、歩いて5分の白樺さんへ。
 
・このどら焼きに感激!
 とにかく生地の肌質がきめ細かい、ふわふわ、甘さに無理がなく、
 餡との一体感もすごくいい。
 高齢の母に食べさせたいな~と思せる老舗のどら焼きでした。


 ●最中の中は白あんです。







次回は、金つば、おにぎりもトライしてみようと思います。


2017年8月5日土曜日

中川村美里地区で胡麻若葉

■今年は、’日本で一番美しい村’と認定されている、中川村で胡麻若葉のテスト栽培をして頂いています。

 6月中旬、末に播種して頂いたリグナン胡麻もそれぞれ50センチ、60㎝ほどになっています。



●昨年12月末に飯田の湯澤さまが中川村を撮影してくれました。


 

 
 
 

2017年7月28日金曜日

オルトの青山社長と渋谷クリスタで

■5年ぶりにオルトの青山社長、元オルトの黒岩さんと渋谷クリスタで。
 話も弾みましたが、久々の渋谷でのランチに大満足でした。
 青山社長、感謝です。

●前菜のソフトシェルクラブ

 ●私はマグロとアボガドのコチジャンソースを前菜に。
・メカジキのグリル、レモンリゾット
(リゾットで、酸味系も夏向きでした)
 
・黒岩さんのメイン、タイ風スコッチエッグ

 ・デザートのチーズケーキとマスカルポーネ

 




2017年7月24日月曜日

胡麻若葉でムース

■昨年、胡麻若葉のテスト栽培をされた宮崎から、胡麻若葉を食材に利用して好評とのこと。
先日、幸加齢フォーラムさんより、デザートの写真を送付頂きました。

ムースは、ANAホリデーインリゾートの割烹のもの。
http://www.wadaman-s.com/company/press/doc/herusuraifu20170705.pdf

若葉のほろ苦さが大人の味とか・・。